うにょのそれっぽい所

アクセスカウンタ

zoom RSS うにょと亜細亜17?なんだってば!

<<   作成日時 : 2010/02/09 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うにょ:失礼します。本日23時からの生活ゲームに参りました。

芝村:記事どうぞ

うにょ:すみません、記事の提出の前に質問があるのですがよろしいでしょうか?

芝村:ええ

うにょ:ありがとうございます。
Q1:試練についてですが、
ほねっこ男爵領の人などに亜細亜ちゃんの所への道を聞くのはNG。
ウラに手伝ってもらう分にはNGかOKか不明
という認識でよろしいでしょうか?

Q2:ウラを呼ぶ場合、通常通り10マイル必要でしょうか?

Q3:以前自分(のAI?)が迷宮に潜っていると取れる描写がありましたが、もし普段から迷宮に潜っているなら何か進展はあったでしょうか?

以上になります。

芝村:A1:ええ
A2:0マイル
A3:ない

うにょ:おふ
記事なのですが、現在ウラを召喚ACEの欄に入れておりません。
ウラを読んで手伝ってもらうつもりなのですが、召喚ACEの欄に追加して記事を修正したほうがよろしいでしょうか?

芝村:ええ

うにょ:はい、では記事を修正してきます

芝村:あい

うにょ:お待たせしました、修正した記事になります
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=5119&reno=5108&oya=5103&mode=msgview
/*/
#2010/2/8 召喚ACEが増えて為修正
#・ウラ:藩国非滞在:-0を追加

【予約者の名前】00-00112-01:うにょ:天領
【実施予定日時】2/8/23:00〜24:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
・後藤亜細亜:藩国非滞在:-10
・ウラ:藩国非滞在:-0
【参加プレイヤ-の食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
・00-00112-01:うにょ:-0:入学済

#誕生日枠を使用します。
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=6399

#ウラの召喚費は0との事でした
Q2:ウラを呼ぶ場合、通常通り10マイル必要でしょうか?

芝村 さんの発言:
*A2:0マイル
/*/

芝村:イベントは?

うにょ:試練の続きでお願いします。

芝村:一分待ってね

うにょ:はい

芝村:/*/

芝村:迷宮の中にいる

うにょ:よいしょーっと
「ウラ、いるー?」
Q:ここは迷宮のどのあたりでしょうか?

芝村:ウラ:「ここにいるわ」

うにょ:「クリスマスはありがとうね。んで、今回はまず謝らなきゃいけない事がある」
「この前迷宮進むの手伝わなくていいって言ったけど、前言撤回。迷宮を進むのを手伝って欲しい。」

芝村:ウラ:「大丈夫なの?」

うにょ:「正直分からん(苦笑)」
「つーかまぁ、ダメっぽい気がするんだけど、それよりも亜細亜ちゃんに会う事の方が重要な気がする」

芝村:ウラ:「うん・・・」

うにょ:「あーそいや、迷宮潜る理由って言ってたっけ?」

芝村:ウラは貴方を後ろから抱きしめた。
ウラ:「知らない」

うにょ:うあー
「好きな子が迷宮のどこかにいる。んで、その子に好きだと伝えに行く」

芝村:ウラ:「……うん。ウラ。がんばる」

うにょ:「あー・・・ごめん、ありがとう」

芝村:ウラは嬉しそうに笑ってる
吐息が耳にかかった

うにょ:「じゃぁ、時間が勿体無いからさっそく行こうか」

芝村:ウラ:「うん」
まっくらなB2にいる・・・・

うにょ:「その子が・・・うーん、何ていうのかな、寂しがってるというか悲しいというか・・・や、こうなんかニュアンスが違うんだけど、マイナス方面に入ってるっぽい気がして」
「んでまぁ、出来るだけ早くその子の所に行って、その子を必要としてる人が少なくともこのに一人はいるって伝えたいんだ」
Q:B2ってどういう意味でしょうか?

芝村:A:地下二階

うにょ:あー!

芝村:ウラ:「うん・・・」

うにょ:「ちなみにウラは、この迷宮の奥にいる女の子の所って言って場所分かる?」

芝村:ウラ:「わからない。さがす・・・?」

うにょ:「しかないかな。亜細亜ちゃんっていう女の子なんだけど、さすがに散歩しててもこう広いと会ってたりしないかー」
Q:道はどのようになっていますか?

芝村:ウラの気配が消えた。
A:暗くて良く見えない

うにょ:?
あーと、クリスマスプレゼントの効果でも見えないのでしょうか?

芝村:ええ

うにょ:うおー

芝村:ウラ:「下に行けるよ」

うにょ:「お帰り。ありがとう、それじゃ案内してもらえる?」

芝村:ウラ:「うん」
貴方の背に、やわらかいものが触れた。

うにょ:Q:この状態で暗闇の中が見通せたりしますか?

芝村:A:ええ
見える気がする
広い空間だ

うにょ:でっびーるあーい!
あー、では、亜細亜ちゃんの事で頭一杯にしながら案内に従って進みますosz

芝村:地下への階段がある

うにょ:「うぅ、一階降りるのにどれだけかかるんだ俺・・・」
一応変なワナか魔法がないようなら降りていきます

芝村:地下へ降りた。
あ。街だ。灯が見える

うにょ:キョロキョロ
う、む・・・・
街に進む以外の道はありますか?
「ちなみにウラは街とか明るい所は駄目だったりする?」

芝村:ウラ:「・・・うん」

うにょ:「んじゃ別の道はっと・・」
Q:街に進む以外の道はあるのでしょうか?

芝村:ないよ。このフロアは全てが街だ

うにょ:ぶは
「んんー・・・他に階段とかなかったよ・・・ね?」
Q:街の中の暗い場所だけを通りぬける事は出来そうでしょうか?
ほねっこだから厳しい気もしますが!

芝村:A:無理 ドアがない
ウラ:「いくんでしょ?」

うにょ:ですよねーosz
「いやおま、ウラ明るい所はダメだって言ったじゃん」

芝村:ウラ:「うん。最後まで、見てる」

うにょ:「・・・」
「あー、最後ってどういう意味?」
あーもー!

芝村:ウラ:「言葉どおりよ」

うにょ:「消えるとかそういう意味なら却下」

芝村:ウラ:「闇も、夜も、いつかは消えるわ。それは人もそう」

うにょ:「それだったらここに残ってて欲しい。そんな無茶はして欲しくないべ」

芝村:ウラ:「・・・・」

ウラ:「名前を、くれたんでしょう?」

うにょ:「ソレとこれとは別・・・というかだからと言ってウラが消えるの分かっててムチャはさせれん」

芝村:ウラ:「同じこと」

うにょ:「むう・・・」

芝村:ウラ:「名前をくれて、封じられて、だから長くは離れられないの」

うにょ:「あいよっと。んじゃどっか別の道ないか探すか」

芝村:ウラ:「でも、時間はない」

うにょ:「どの道今から街入っても時間ない。それなら今の内に別の道を探す。」
「それでも駄目なら・・・あー、まぁそれはそん時だわなー」
r:一度上の階に戻って別の道がないか探します

芝村:ウラは貴方をぎゅーと抱きしめた後、貴方を光の中に落とした

/*/

はい。お疲れ様でした

うにょ:ちょあm
あーもうこのアホが!
えーと、抵抗する事は出来ますか?

芝村:できる

うにょ:r:間に合うか分かりませんが、全力で抵抗して光のあるところに落ちないようにします

芝村:はい。

うにょ:あーもうどうすりゃいいんでしょうosz

芝村:まあ。ふつうにいいこだね

うにょ:いい子過ぎですosz
ちなみにウラの姿ってクリスマスプレゼントで見えたりしてますか?

芝村:見えるとは思うが

うにょ:というかこう、亜細亜ちゃんが漫画企画のSSのままだと思うともうどうしていいやら・・・
俺が振り向いてないからウラの姿見てないんですかね

芝村:うん

うにょ:#いやまぁ、勝手に色々妄想して好みの感じにイメージしてはいるんですががが!

芝村:うむ

うにょ:すみません、亜細亜ちゃんはまだ漫画企画小説のような状態なのでしょうか?

芝村:そりゃわからんな。
(笑)

うにょ:やっぱりそうですよねーosz
や、こう、個人的な考えといいますか。亜細亜ちゃんには「亜細亜ちゃんを必要としている人」が欲しいというか必要なのかなーと思うといいますか
あの小説みたらもう亜細亜ちゃんに怒りたくなりまして
そこでまぁ、別に俺なんかに必要とされたくない、と言われたらそこまでなんですが。
亜細亜ちゃんは自分が思ってるよりも周りに愛されてるというのを自覚して欲しいといいかますかosz

芝村:うむ
でもまあ。それはウラも同じではないか

うにょ:あー・・・

芝村:というか。お前の趣味なわけね。そのへんも。

うにょ:やっぱりそうですよね。こう、立場的に俺=ウラという公式が
あーえーと、どの辺の事でしょう?<お前の趣味なわけね。そのへんも。

芝村:いや。ははは
ひみつ
ということで、解散しましょう。おつかれさまでしたー

うにょ:はい、長々とすみませんでした。ありがとうございましたー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
うにょと亜細亜17?なんだってば! うにょのそれっぽい所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる