南天とうにょとトーゴと亜細亜

プレイ日時:11/21

ゲームのリアル感を出すために、発言順はゲーム時のままでお送りしております。
「*」の後に注釈というか心の声を追記しています。

あらすじ:
http://unyover.at.webry.info/200801/article_2.html
前回の小笠原で「えっと、また、一緒に来ようよ」と亜細亜ちゃんに言って数ヶ月
やっとこさマイルを溜めて、(マイルを節約する為に)保護者同伴でやってきました小笠原!
同日にあった小笠原ではアイドレスルールでの戦闘があったと聞いて、ブルブル震えながら評価値も用意して!
果たして亜細亜ちゃんと仲良く出来るのか!!!




うにょ@海法よけ藩国 :こんばんは、失礼します。

うにょ@海法よけ藩国 :小笠原ゲームに参りました。

芝村 :記事をどうぞ

うにょ@海法よけ藩国 :No.226] 11月21日(水)23:00~24:00 投稿者:うにょ@海法よけ藩国 投稿日:2007/11/12(Mon) 23:09:00


●小笠原ゲーム
【予約者の名前】0400112:うにょ:海法よけ藩国
【実施予定日時】2007/11/21 開始時刻2300~終了予定時刻2400
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10マイル
【召喚ACE】
 ・召喚ACE名:藩国滞在の区別:消費マイル
 ・後藤亜細亜:後ほねっこ男爵領に滞在:消費マイル0
 ・トーゴ:後ほねっこ男爵領に滞在:消費マイル0
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0400112:うにょ:海法よけ藩国:入学済:消費マイル5
 ・1400287:南天:後ほねっこ男爵領:入学済:消費マイル5

うにょ@海法よけ藩国 :こちらになります

芝村 :同行者をどうぞ

うにょ@海法よけ藩国 :はい

南天 が会話に参加しました。

うにょ@海法よけ藩国 :南天さんを呼びました。

南天 :今晩和、本日はよろしくお願い致します

芝村 :イベントは?

うにょ :お祭りってまだ選べるでしょうか?

芝村 :もう選べないねえ

うにょ :Σぎゃー

芝村 :というか。小笠原はひどいありさまだ

南天 :(∑がーん

南天 :没絵決定(泣)いやいやそうでなく

うにょ :もう、ヌイグルミ買いに行くとかそんな感じじゃないみたいですもんね・・・

南天 :トーゴさんに改めて御礼言いたかったのですが、仕方ないですよねえ

芝村 :ははは。浴衣はきれるさ

うにょ :えっと、逆に選べるイベントは何がありますか?

南天 :(じゃあ浴衣を着て虫歯菌とたたか(マテ

芝村 :それ以外はおおよそ

うにょ :某ぬいぐるみ屋が出てきそうなのってありますか?
*周りは酷いことになってるけど、やっぱりまだぬいぐるみが捨てきれなかったんです!

芝村 :お土産屋

うにょ :おぉー

南天 :おー

南天 :(いそいそと浴衣を着直すひと

うにょ :で、ではお土産屋でお願いします

芝村 :/*/



うにょ:(どきどき・・・というか手が震える・・・

南天 :(浴衣ページ作りました!!⇒http://www26.atwiki.jp/minamitennka/pages/69.html

芝村 :ここはお土産やの近くだよ

南天:トーゴさんと亜細亜ちゃんはいずこにおられますでしょうか?

うにょ:えっと、亜細亜ちゃんとトーゴさんと一緒にいるのでしょうか?

芝村 :トーゴは近くにいるね。

芝村 :亜細亜も、近くにいる。精悍な表情だ

うにょ:「トーゴさん始めまして、海法よけ藩国に身を寄せているうにょといいます。」(ぺこり

南天:それは、虫歯菌がそばにいるからでしょうか?

芝村 :きらn

南天:「トーゴさん、亜細亜ちゃん、お久し振りです…お呼び立てしてすみません」

うにょ:回りは戦闘の被害があるのでしょうか?

南天:(きらん?

芝村 :天に光が。

芝村 :あ。下に落ちてくる

うにょ:「亜細亜ちゃんお久しぶり。元気だった?」

南天:亜細亜ちゃんの手を握って走ります

うにょ:亜細亜ちゃんを抱きかかえて逃げます!

南天:「トーゴさん!あれは!?」(走りながら

トーゴ:「核だな」
*核とか走って逃げれるわけないので頭の中を死がよぎりました。

芝村 :光った。

南天:げ

うにょ:「あわわわあわーーー」

ヨシフキン:「お客様、こちらへどうぞ」
*うにょからヨシフキンへの友情評価+1

南天:地下施設が近くにありませんか!?

南天:おお

うにょ :「」
*本人かなりテンぱっております。

南天:「有難う御座います」と素早く入り込みます

南天:「うにょさん!亜細亜ちゃん、トーゴさん!!はやくー」

うにょ:「亜細亜ちゃんこんな時に呼んじゃってごめんね!」謝りながら声のする方に逃げます

芝村 :/*/

南天:(核と聞くと、某宰相どのを思い出します(汗)

芝村 :外では核の嵐が着ている
*核を耐えてるこの建物って一体・・・

南天:「なぜ、いったい誰がこんなことを…」

うにょ:(やっぱり宰相府が撃った核なのかな・・・

南天:核が落ちたという事は、国に連絡とかできないでしょうか?

うにょ:亜細亜ちゃんとトーゴさんはどうしていますか?

亜細亜:「……どうですか。はい」
*この発言の意味が分からずグルグル加速。

芝村 :トーゴはひょうひょうとしている。

南天:「亜細亜ちゃん、大丈夫?

南天:(浴衣を着てくるんじゃなかったと思いつつ、脱いで船乗りの格好に着替えます<下に着てきました

芝村 :亜細亜はうにょをみて、ちょっと照れて笑った。
*クリティカルヒット、うにょはメロメロになった。

トーゴ:「もったいないな」

芝村:トーゴ:「美人なのに」

南天:「はう…いやその(ごほごほ)」盛大に赤面します

うにょ:「・・・!」何か言おうとして、その笑顔に頬を染めました
*うにょはメロメロのままだ!

トーゴ:「好きな男に見せんでいいのかね?」

南天:「…見せたいですけど、見てくれますかね?」真っ赤になって困り笑いします

南天:「髪も切っちゃったし」

うにょ:「やっと亜細亜ちゃんとヌイグルミを買いに来たのに・・・大変な事になっちゃったね・・・」

亜細亜:「ぬいぐるみ、ですか」
*あれ?もしかして忘れられてる?と混乱

芝村 :ヨシフキンがお茶持ってきたよ

南天:「有難う御座います。恐れ入ります」>お礼を言って受け取ります

うにょ:「うん。ほら、前お祭りに行った時に、また来ようねって・・・あ、ありがとうございます」お茶を受け取ります

南天:そう言えばここはどこなのでしょうか?

南天:ぐるーんと見渡してみます

芝村 :お店だね。

うにょ:「そういえばお礼を言ってませんでしたね、助けていただいてありがとうございます」>スナフキン
*混乱のあまり名前を間違えましたosz

芝村 :なかなかエキゾチックというか、異国風味なところだ

ヨシフキン:「いえいえ」

南天:(ちょ、うにょさん(笑)ヨシフキン

うにょ:(ぎゃー、すみませんosz

南天:「危ないところをどうも有難う御座いました…申し遅れました私、後ほねっこ男爵領の技族・南天と申します」

南天:(きちんと礼します

ヨシフキン:「こまっているときはお互い様ですよ。おひさしぶりです。トーゴさま」

トーゴ:「・・・」

ヨシフキン:「南天さまもようこそ」

南天:(お知合いですか?とトーゴさんに目で聞きます)

トーゴ:「まあ。なんというか」

トーゴ:「敵だ」

うにょ:「亜細亜ちゃん、隣、座っていい?」
*亜細亜ちゃんからの返事がないので、何かアクションをしないとと焦ってよく分からない事をしだしてます。

ヨシフキン:「大切なお客様です。さて、今日は核もつかわれましたし、店じまいしますが、どうです。なにか」
*ヨシフキンナイスフォロー!しかしグルグルしすぎてこの発言を見逃してます(汗

芝村 :亜細亜は立ってるよ
*と、隣に行っていい?にすべきだったと後悔

芝村 :亜細亜はあわてて椅子を差し出した。

南天:「ええと、これからどうしたら宜しいのでしょうか…これでは船も出ないでしょうから国に帰れませんし…」(言葉と裏腹に目が周囲を見渡してしてます<敵宣言されてぴりぴり

ヨシフキン:「それでしたら、数時間で綺麗になります」

うにょ:「あ、ありがとう。・・・えっと、亜細亜ちゃんも一緒に座らない?」と亜細亜ちゃんが座れるように椅子を出します
*あ、亜細亜ちゃんに気を使わせてしまった!でも座らないのもアレだけど、座るのが目的じゃなくて亜細亜ちゃんの近くに行きたかったというか@@@@

亜細亜:「大丈夫です」

南天:「イカナ…か(ぼそ」

南天:(なんかちょっと食べてるところを見てみたい感じもします

うにょ:「それじゃ、私も立っておこうっと!」から元気ですが、少しでも元気よくします
*挙動不審です!えぇ挙動不審です!

南天:「トーゴさん…今戦っている人がいます…どうしたら、いいでしょうか?」

芝村 :亜細亜、だいぶ痩せている。

芝村 :でも、すごく元気そうだ。

南天:(なんか気合入った眼をして言います

うにょ:?!

トーゴ:「戦うとは、なんだね?」

南天:「私たちの仲間が、戦っているそうなんです…私は」(すーっと深呼吸します

南天:「戦闘の腕はないですが、血が流れるのを見ていられない性質なんです」

トーゴ:「? はて、どこでだい?」

うにょ:「亜細亜ちゃん、ちょっと痩せた?何かあったの?」

芝村 :トーゴは手帳を見た

芝村 :トーゴは首をひねった

南天:「分かりません…でもたぶんここで」

亜細亜:「え?いえ。ああ。7kgも太ってたんで、ちょっと」
*正直、7Kgのダイエットって凄いと思います。

芝村 :亜細亜、照れた

亜細亜:「やっと、38kgまでもどしました」
*13歳女子の平均体重を調べましたが、どう考えても軽すぎです!

南天:「トーゴさんは誰が、核を落としたと推測されますか?」

トーゴ:「やせすぎだといってやってくれ」

トーゴ:「ああ。桜子だ」

うにょ:「えー、そんな太ってる風には見えないけど・・・ってそれは太ってるって言わないよ!」

南天:きゃー(汗)

南天:宰相閣下疑ってごめんなさいorz

亜細亜:「ま、まるかったし。ほっぺ」

うにょ:「ちゃんとご飯食べないと、逆に体壊しちゃうよ?」
*ほっぺたを突付きたかったけど、なんとか我慢我慢

南天:「なんかいてもたってもいられないんですよね…」(しゅーん

芝村 :亜細亜、顔を隠してる。トーゴに隠れた。格好付けロールプレイ、限界だったらしい

うにょ:(格好付けってw

南天:「トーゴさんうらやましー」

南天:(ぷーと膨れます。今の状態でこっちから戦いに関してなんも出来ないと思いました(汗)

うにょ:「あー、待てー」からかうように追いかけます

トーゴ:「まあ、そうじゃな」

トーゴ:「越前も胃がいたかろう」

南天:「猪突猛進悪い癖です…反省します」(しっぽしおしお

南天:「応援だけでも、きっと届きますよね」

トーゴ:「まあ、戦闘は今日をさかいになくなるだろうよ」

トーゴ:「しばらくは」

芝村 :亜細亜は顔を出してトーゴを見ている。

南天:「核が落ちて一面焼け野原だからですか?」>戦闘なくなる

うにょ:「亜細亜ちゃん、ご飯を減らすより、ちゃんとご飯を食べて運動した方がいいと思うよ」

トーゴ:「迷宮で爆破したらしい。こちら側では爆破しとらんな」

南天:「め!!(汗)」

亜細亜:「体操してます」

芝村 :隠れたまま亜細亜は言った。

南天:「迷宮って…(りんくさーん(泣)」

うにょ:亜細亜ちゃんの顔が見える所まで移動できますか?

芝村 :うにょがうごくと、亜細亜も動くぞ

芝村 :ヨシフキンは笑ってる。

うにょ:トーゴさんを中心にグルグル回ってるんですか?w

南天:南天もふふーとわらいます

南天:(きっと大丈夫だよね、うん

南天:>りんくさん

芝村 :ええ。トーゴのまわりをまわってる。

トーゴ:「なにかしたかね」

亜細亜:「ちょっと……」

うにょ:「もうー、ちゃんと顔を見て話したいなー・・・えいっと!」笑いながら、フェイントをかけて急に反対側に顔を出します

南天:「亜細亜ちゃんとうにょさん、楽しそうで良かったです」(にっこり

うにょ:(嫌われてるのかなー、嫌われてるのかなーosz)
*周りは微笑ましく見ていますが、本人は顔見せてくれないくらい嫌われたのかと思い涙目

南天:(5マイル出した価値がここにー(感涙

芝村 :亜細亜はトーゴに顔をうずめて隠れている。

芝村 :トーゴがこらこらと苦笑した。

南天:「亜細亜ちゃんいいなー(笑)」

トーゴ:「孫が出来たみたいでブルーになる」

うにょ :[]
*例の如くテンぱってます。

南天:「あら、娘かと思いましたけど(笑)」>トーゴさん

南天:違うんですかーとからかうように笑います

うにょ:「うーん、顔を見ながらだと恥ずかしい?」>亜細亜ちゃん

芝村 :亜細亜、顔をうずめたまま、こくこく

トーゴ:「娘はもう一杯だ。英吏をよぼうか?」

芝村 :亜細亜、凍った。
*うにょも凍った。

南天:「トーゴさんー、もう」

うにょ:「うん、それじゃ、亜細亜ちゃんが慣れてくれるまで我慢する!」

南天:「結構後で嬉しい反面傷つくんですからねー」
大げさに上目づかいでにらみます>トーゴさん

うにょ:周りにヌイグルミとかあるんですよね?
*話題を英吏から遠ざけようと必死に話題を探し中

芝村 :トーゴは南天を見て、笑った。

南天 :亜細亜ちゃんは今でも英吏ぬいぐるみを所持しているのでしょうーか

芝村 :あるねえ。はたきかけられてる>ぬいぐるみ

芝村 :ええ。英吏のぬいぐるみもってるね

芝村 :トーゴのは脅しじゃないような気がする

南天 :にゃーーーー

南天:「いや、呼んだらいやです。だって心の準備とか、着てる服とか…」(おろおろ

うにょ:「ねぇ、折角来たんだから、ヌイグルミとか見ていかいな?」
*悪あがきとも言います。

うにょ:いかない?ですすみません。

南天:「あ、亜細亜ちゃんも、突然来られたらきっと、困ると思いま、ます!」(亜細亜ちゃんに同意を求めます

トーゴ:「英吏のぬいぐみをくれ」

うにょ:ぎゃー!

トーゴ:「浴衣姿を見せたい」

亜細亜:「だ、だめ」

南天:「トーゴさんってば!」(ぐあーーーーー<PLこころの叫び

芝村 :亜細亜はトーゴに抱きついた。

芝村 :トーゴ、嬉しそうだ。ああ、宰相に似てる。

南天:「よ、よんだら、嫌いになっちゃいますからね!からね!!」

南天:(ヨシフキンさんに売っちゃダメ!と表情で訴えます

ヨシフキン:「はい。サービスです」

南天:(ぎゃーーーーー、敵だーーーー

うにょ:ヨシフキンから奪い取れますか?

芝村 :南天はぬいぐるみをもらった。

うにょ:<英吏人形

芝村 :トーゴとヨシフキンが同時に笑い出した。

南天:「ふえ」おもわず受け取りましたが、いきなり(汗)

うにょ:な、南天さん任せました!

南天:「いじめっこー」(ちょっと涙目で赤面です

南天 :まさか動かないですよね(汗)

芝村 :からかわれているんだよ。

芝村 :/*/

うにょ :「亜細亜ちゃん、英吏さんには会いたくないの?」

芝村 :はい。時間です。お疲れ様でした。

南天 :ふえー、有難う御座いました(汗)

うにょ :うあー

うにょ :ありがとうございました
*以下、凹みまくって喋る気力もなくなってます。

南天 :よ、呼ばれるのかと思って、@@になってしまいました(汗)

芝村 :ははは。

芝村 :わかいのう

南天 :こ、心の準備というものが こけこっこー(泣)

芝村 :評価は+1+0でした。

南天 :亜細亜ちゃんとトーゴさんがうにょさんと南天二人に、で宜しいでしょうか

芝村 :ええ。

南天 :有難う御座います

うにょ :ありがとうございます。

南天 :(某方から英吏諦めてトーゴさんねらえといわれてしまい(笑)

芝村 :英吏のほうがいいんとちゃうか

南天 :当然です

芝村 :ははは

南天 :(即答した自分がちょっと恥ずかしかった(汗)

南天 :今度予約取れたらそっちを是非頑張りますのでよろしくお願い致します(笑)>英吏

芝村 :はい。4じかんとれてるね

南天 :わお!すごい…なんか申し訳ないです(汗)

うにょ :おぉ、おめでとうございますー

南天 :(頑張ろう!行けなかった人の分も頑張ろう!!(むん

南天 :(あ、いけると思ったら、急に恥ずかしくなってきた(汗)…きゅーん(汗)

芝村 :では解散しましょう。おつかれさまでした。

芝村 :秘宝館には1・1で依頼出来ます

うにょ :はい、お疲れ様でした

南天 :有難う御座いました!
はい、有難う御座います>秘宝館
では、お疲れ様でした!!


亜細亜ちゃんとの評価値:+1 +0 → +2 +0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0